サクラに取って美味しい客とは

人気№1
らぶらぶメール
>>出会い系サイトの詳細はこちら
人気№2
愛カツ
>>出会い系サイトの詳細はこちら
人気№3
FirstMail
>>出会い系サイトの詳細はこちら

サクラというものは出会い系サイトには必ず付きものの存在なのですが、やはりサクラにとってもどの商売でもある様に美味しい客、という物が存在します。
そしてもし貴方が美味しい客、とサクラに思われてしまいますと、当然サクラから被害を受ける事に成りますので注意しましょう。
それでは、サクラにとってどの様な客が美味しいのか、今回はこの事について書いていきたいと思います。

まず、サクラとして活動していた女性から送られてきた意見なのですが、やはり気弱な男性という物はサクラにとって格好の餌食だった、との事です。
その理由として、気弱な男性という物は中々女性に自分から声をかけられず、そしていざ女性から声をかけられるとその女性を野がしたくない、と躍起に成って女性に調子を合わせてくれるそうです。
ですのでサクラの女性がちょっとした会話をだらだらと続けたとしてもその気弱な男性は一生懸命答えてくれるそうで。
そしてもう一つのサクラにとってのメリットとしては、気弱な男性という物は女性の扱いにも慣れていないので自分から会いたいとは中々言ってこないそうです。
ですので、サクラにとってのお仕事であるメールを長い時間続けられるのですね。
返事もしっかりと返してくれるのでサクラとしてはありがたかった、との事です。

そして次にどの様な男性が狙われやすいかと言いますと、短期んな男性も以外と危ないそうです。
なぜ短気な男性が、と思うかもしれませんが、カッと成って言い争いに成ったら狙い目だそうで。
女性を負かそうと此方も躍起に成って反論メールを置くてくるのでサクラにとっては此方の男性の相手もお金を稼ぐという事においてはとてもありがたかったのだとか。

この様に、色々な対ぴの男性がサクラに狙われやすいのですが、では一体どの様に回避したらよいのかというと、それは上記の様に第一の目的から外れた行動をしない、という事です。
出会う事が目的であって、女性とたわいない会話をする事や喧嘩する事は全く持って意味が無いですよね。
ですので、その辺りをしっかりと自覚をして出会い系サイトを使う事が大切です。

存在しない運営会社

出会い系サイトを利用している人の中には、何かトラブルが起これば会社概要から運営会社の情報を警察に知らせれば大丈夫と思っている人もいるでしょう。
しかし出会い系サイトとの間にトラブルが起こるような悪質なサイトの場合、この考えは通用しないといえるでしょう。
いくら警察に訴えたとしても、なぜ解決できないのか?

通常であれば、会社概要に書かれている社名や代表名の人がサイトを運営しているはずですが、悪質な出会い系の場合、この情報が嘘である場合がほとんどなんです。
つまりダミー会社を使い、利用者を騙しているわけです。
利用者にしても、実際に何かトラブルがなければ会社概要など読みませんからね。

いくら警察に訴えても実在しない会社であれば調べようがないということです。
またとてつもない被害が出なければ、このような難しい案件に対して警察も本腰入れず、しばらく様子見という流れになるのではないでしょうか?

それではあなた自身が出会い系サイトの運営会社を訴えたとしましょう。
詐欺に合った証拠を提示して、これまでの流れをどれだけ詳しく調べあげたとしても、やはり相手の所在がわからないのであれば裁判に訴えることも難しくなるでしょう。
やはりダミー会社というものがネックになり、問題の解決を妨げてしまうのです。
民事裁判に関しては、裁判所も相手の連絡先を調べるなどということはありません。
これは個人で調べて訴えるべきものだからです。
なんとも釈然としない結果になってしまうでしょうが、解決しないまま終わるケースが大半です。

何か事件やトラブルに巻き込まれた時は、必ず解決方法がるのではないか?
警察に連絡を入れる。消費者センターに相談する。という情報はよく聞きます。
騙された場合は、きちんと訴えて解決させることが大事という情報で溢れているでしょう。

しかしそもそも最初から詐欺を行うために出会い系サイトを立ち上げている業者は用意周到です。
パソコン1台あれば、出会い系サイトなど立ち上げることができるのです。
だからこそ最初からダミー会社を使うのでしょう。
なぜなら利用者、消費者が守られるというのは、相手の素性がわかっている前提だからです。
ある程度利用者を騙し、危険を察知すれば業者はすぐに姿をくらまします。

出会い系サイトがきっかけで恋人を見つけたカップル、結婚するカップルもいます。
しかし騙されて泣き寝入りをする人もいることを忘れないで下さい。
出会い系サイトを利用する時には、十分に気をつけましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ